2010年05月18日

Ronnie James Dio says "Stand Up And Shout!"

rest in peace


16日の早朝に息を引き取ったそうです。
67歳。

まずは長い間ご苦労様でしたと言いたい。
そして何とプロ意識の高い希有なミュージシャンであったかと、彼のこれまでの功績にありがとうの感謝の気持ち。
ちょうど二年半前の『LOUD PARK 07』での来日公演が自分にとっては最後のショウとなりました。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 ・DIO
posted by rattlehead at 08:19| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

秦基博@国営飛鳥歴史公園

秦基博


秦ファン:「ゴメン、来週の土曜(5/15)、はたっちのライヴ行ける?」
オレ:「秦基博?」
秦ファン:「そう」
オレ:「了解です」

と、二つ返事で、まあアレです。欠員が出たので、急遽、その身代わりに話題の四神壁画のある奈良、明日香村へと参上することに。

しかし5月といえども石舞台の夕暮れ時は涼しいというより寒かった。さらにその寒さに追い打ちをかけるアコースティック・ライヴ。真夏の野外なら「弾き語り」もまた一服の清涼剤となりえますが、この日はさすがに応えました。秦さんも鼻水垂らしてたみたいだしw
でもねそこには打算なき本気の素朴さがあってですね、素晴らしかった。秦さんには是非ともこのアンプラグドなアプローチに磨きをかけていってもらいたいなと思いつつ会場をあとに。

しかし寒かったw

 ・秦 基博 Official Web Site
ラベル:live 秦基博
posted by rattlehead at 16:42| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

WITCHFINDER GENERAL - 「DEATH PENALTY」

魔女狩りの将軍_1stBLACK SABBATHの周辺を少し漁ってみると、その直系として比較的早い時期に出合うであろうバンドにWITCHFINDER GENERALなんてのがあります。80年代に都合二枚の作品を残していますが、その中のこれは一枚。デビュー作「DEATH PENALTY」になります。
ちなみにおふざけが過ぎた(?)ジャケット・デザインにある裸身の女性は著名なモデルさんのようで、ご自身のHPを持っておられたりします(Joanne Latham嬢)。ま、今何歳だよとか野暮なことは聞かないようにw

さてこのバンド、ギタリスト氏のトニー・アイオミへの傾倒ぶりがよく分かります。リフ&ソロはともに70年代のフィーリングがあって素晴らしく、加えてジーブ・パークスが歌うメロディ・ラインにはどこかオジー・オズボーン的なキャッチーさがあります。しかし、通り一遍のモノマネではなく、曲作りの巧みさとセンスのあるブリティッシュ・ハードを演ってるところに未だ人気のワケがあるのでしょう。新世代ヘヴィ・メタルの熱気とコンセプトの明解さが吉と出た名作だと言わせてもらいます。

余談。CATHEDRALのリー・ドリアン曰く、ANGEL WITCHWITCHFYNDE、そして今日取り上げたWITCHFINDER GENERALをしてNWOBHMの“三大WITCHバンド”と称するのだそう。

WITCHFINDER GENERAL - 「DEATH PENALTY」
(1982)
1. Invisible Hate (6:05)
2. Free Country (3:10)
3. Death Penalty (5:35)
4. No Stayer (4:25)
5. Witchfinder General (3:51)
6. Burning a Sinner (3:28)
7. R.I.P. (4:04)

produced by Pete Hinton

Zeeb Parkes - vocals
Phil Cope - guitars
Graham Ditchfield - drums
Woolfy Trope - bass

"Invisible Hate"


 ・The Official Witchfinder General Website
ラベル:N.W.O.B.H.M '80s
posted by rattlehead at 11:16| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

『劇場版トリック 霊能力者バトルロイヤル』

霊能力者バトルロイヤル


初日に早速まるっと観てきました。

10周年ってこともありまして、15日(土)には撮り下ろしの新作ドラマの放送も決定しております。そのほか、現在放送中の連ドラ『警部補 矢部謙三』は本篇に負けず劣らずの秀逸さ。「トリック大感謝祭」にテレビ朝日は相当に気合いが入ってるようです。
しかしお気楽映画なので、お気楽に観るのが鉄則。
小ネタに走り過ぎの感はありますが、まあ適当に笑えたらそれでオッケーなんです。で、その期待を裏切らない。
すべてがB級、だからオモシロイ。

お馴染みの山田奈緒子と上田次郎が僻村のゴタゴタに巻き込まれ、話が佳境に入ったトコロで少しほろりもし、野際さん扮する山田里見が半ば強引に締めに掛かるエンディングまで従来の作品パターンと同じなんだけどね(万練村「まんねりむら」だしw)、飽きずに観れてしまうんだよなぁ。
二人の関係に進展は…それは是非劇場にて確認しましょう。

 ・祝!十周年 TRICK大感謝祭
posted by rattlehead at 18:37| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(8) | movies | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

剣山(つるぎさん)登る

次郎笈(じろうぎゅう)


徳島にある日本百名山の一つ。

大阪から見ノ越まで車で4時間半掛けて到着したのは9畤過ぎ。
登山口→西島→大剣神社→山頂(剣山国定公園、1995m)へ。
頂上で昼食をとり、剣山と対をなす次郎笈(じろうぎゅう)の山頂(1929m)を目指す。写真(上)はその剣山から望む次郎笈で、まあ天気もよくって最高の景観でした。来た甲斐ありです。
で、安徳天皇ゆかりの名水とやらが飲める山道を通って下山。
5時間ばかしの登山を楽しみました。


大剣岩


(右下の赤い屋根)大剣神社近くにある高さ3m程の二つの巨大な岩。
その間に見えるのは次郎笈であります。

この日はさすがに疲労困憊で徳島市内にて宿泊。晩メシに地鶏の“阿波雄鶏”を食べ、翌日に帰りました。
ラベル:
posted by rattlehead at 14:24| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。