2010年12月25日

McDONALD AND GILES - 「McDONALD AND GILES」

McDonald & Giles初期CRIMSONの功労者、イアン・マクドナルドとマイケル・ジャイルズの二人にピーター・ジャイルズが加わった唯一の「McDONALD AND GILES」(1971)。そこにはピート・シンフィールドの名もクレジットされていて、「宮殿」メンバーの5分の3によって制作された一枚ということになれば当然大きな話題にもなったはず。隠れた名盤なんて世評も見かけたが、セールス的にはどうだったのだろう…。

まずはマクドナルドの担当楽器の多さに驚いてしまう。リズム隊はジャイルズ兄弟に任せ、それ以外のほとんどすべての音を鳴らしているのは(ジャケットでは隠れてしまってる)マクドナルド。詩的な英国叙情を伝えるサウンド、器楽性の高い楽曲はたしかに「宮殿」で聴けるそれだとわかる。ラストに20分超の組曲が待っている全5曲のアルバム構成はプログレらしいと言える作品だ。加えて、"Flight Of The Ibis"は「ポセイドン」収録の"Cadence And Cascade"の原曲だということも本作を特別なものにしていることの要因だろう。アコースティックな音色の色付けに小気味よいドラミングが映える。
その遊び心のある、でも程よい緊張感を保ったドラミングはとてもよろしくて、ある意味、もっとも饒舌にしてこの作品を語っているかもしれない。聴くほどに味わいと感動は増す。是非。

McDONALD AND GILES - 「McDONALD AND GILES」
(1971)
1. Suite in C (11:15)
  including "Turnham Green", "Here I Am" and others
2. Flight of the Ibis (3:11)
3. Is She Waiting? (2:36)
4. Tomorrow's People - The Children of Today (7:02)
5. Birdman;
  involving
  The Inventor's Dream (O.U.A.T.) (3:53)
  The Workshop (2:51)
  Wishbone Ascension (1:30)
  Birdman Flies! (6:18)
  Wings in the Sunset (0:40)
  Birdman - The Reflection (5:59)

produced by Ian McDonald, Michael Giles

Ian McDonald - guitar, piano, organ, saxes, flute, clarinet, zither, vocals and sundries
Michael Giles - drums, percussion (including milk bottle, handsaw, lip whistle and nutbox), vocals
Peter Giles - bass guitar
Steve Winwood - organ, and piano solo on "Turnham Green"
Michael Blakesley - trombone on "Tomorrow's People"

"Flight of the Ibis"
ラベル:'70s プログレ
posted by rattlehead at 19:17| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。