2011年01月25日

TREES - 「ON THE SHORE」

Trees_2nd英国の翳りをまとうセリア・ハンフリーズ嬢のヴォーカルが一面に澄むTREESの二作目「ON THE SHORE」(1970)。同年にリリースされたデビュー作も素晴らしい内容だけど、ヒプノシスが手掛けたアートワーク、内なる狂気を孕む「少女」の存在感は絶大で、ロック・リスナーにとって最良のフォーク・ロックな、きっと素晴らしい出合いの一枚になっているに違いない。単純にLED ZEPPELINの「III」「IV」を経て行き着く一つではあると思うし、ここからさらに深く掘り下げていくきっかけにもなってくれそうだ。とりあえずは彼らがインスパイアされたというFAIRPORT CONVENTIONはスグに押さえに掛かります(笑)。

ほとんどはブリティッシュ・トラッドをアレンジした基本アコースティックのエレクトリック・フォークって言うのか。もっと緑がむせ返るような音を想像したらロック寄りの重厚なサウンド。セリア嬢の独特の歌い回しもクセになってくるし、懐が深い音楽ゆえに門外漢でも抵抗なく楽しむことができる。
遠く地平線を望むようなスケールで迫る"Sally Free And Easy"のゆらめく英国らしさや"While The Iron Is Hot"の大胆な構成に舌鼓を打ちながら全10曲堪能させてもらった。面白い。でも恐ろしく深い森へ突入しそうで、ほどほどにしとこうっと(笑)。
これは2007年にリマスターされた二枚組。

TREES - 「ON THE SHORE」
(1970)
Disc One
1. Soldiers Three (1:48)
2. Murdoch (5:10)
3. Streets Of Derry (7:34)
4. Sally Free And Easy (10:10)
5. Fool (5:20)
6. Adam's Toon (1:12)
7. Geordie (5:05)
8. While The Iron Is Hot (3:20)
9. Little Sadie (3:11)
10. Polly On The Shore (6:07)

Disc Two
1. Soldiers Three (Remix) (1:50)
2. Murdoch (Remix) (6:36)
3. Streets Of Derry (Remix) (7:36)
4. Fool (Remix) (5:26)
5. Geordie (Remix) (5:10)
6. Little Sadie (Remix) (2:41)
7. Polly On The Shore (Remix) (6:12)
8. Forest Fire (Original 1971 BBC Recording) (4:08)
9. Little Black Cloud (1970 Demo) (2:16)

produced by Tony Cox

Bias Boshell - Bass Guitar, Piano, Acoustic 12-String and Vocals
Celia Humphris - Vocals
Barry Clarke - Lead Guitar
Unwin Brown - Drums, Percussion and Vocals
David Costa - Acoustic Guitar, Erectric 12-String and Dulcimer

"Sally Free And Easy"
ラベル:'70s
posted by rattlehead at 16:23| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。