2011年03月16日

BANG - 「BANG」

Bang_1stSTEEL MILLと同じく『Rise Above Relics』から再発された米国産ハード・ロック・トリオ、BANGの70年代のカタログを四枚組ボックス・セットに収めたリマスター盤を聴いてみた。知る人ぞ知るアメリカのマイナー・バンドで、以前に名前だけは耳にしてた存在。それは、最後のスタジオ作品となったTHUNDERの「BANG!」(2008)のアルバム・カヴァーがBANGのそれを意識したものに見えるという少しややこしいお話。それで、いずれは音も聴いてみたいなあと思っていたところに今回のボックス・セット「BULLETS: THE FIRST FOUR ALBUMS PLUS...」というワケです。リー・ドリアンにはこのあと、SIR LORD BALTIMOREの再発やSTRIDERの初CD化を是非ともお願いしたいものです。

ざっと四枚聴いてみて、断トツに際立っているのは1971年リリースのデビュー作「BANG」だろう。実はその少し前に制作されたらしい「DEATH OF A COUNTRY」が存在して、当時『Capitol』がリリースを拒否したいきさつを持っている一枚だそうだ。だから本来の1stはコチラになるのか? これまたややこしい。
オジー・オズボーンからドラッグとアルコールを抜いたようなヴォーカル(←褒めてます)に、ウワサに聞くBLACK SABBATHに近似したヘヴィ・リフを擁するも、当然英国人特有の屈折したセンス(みたいなもの)、独特の空気感はまとってないように思う。あくまでアメリカの乱暴さとキャッチーさ、ピースに通じるもっとも原始的なロックって印象だろうか。好みかと尋ねられれば、もちろんSABBATHっぽいし好きなのだが(笑)。
これからまだまだ聴き込んでく余地のある作品群なので、断定的なことは書けないけど、英国からの影響をリアルタイムで音にしていたとはなかなか興味深いフロリダのバンドなのでした。

BANG - 「BANG」
(1971)
1. Lions, Christians (3:59)
2. The Queen (5:24)
3. Last Will And Testament (4:09)
4. Come With Me (4:19)
5. Our Home (3:27)
6. Future Shock (4:40)
7. Questions (3:48)
8. Redman (4:53)

produced by Michael Sunday

Frank Glicken - guitar, back-up vocals
Frank Ferrara - bass, lead vocal
Tony D'Lorio - drums



 ・BANG the Orginal
ラベル:'70s
posted by rattlehead at 10:30| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。