2011年04月01日

GNIDROLOG - 「IN SPITE OF HARRY'S TOE-NAIL 」

Gnidrolog_1stプログレッシヴ・ロック・グループ、GNIDROLOGの「LADY LAKE」をヒントにしたアルバム・カヴァーが、「RAINBOW RISING」なら、これは彼らのデビュー作にあたる1972年リリースの「IN SPITE OF HARRY'S TOE-NAIL」。巨大な右手と対峙する一羽の白鳥がインパクトのある「LADY LAKE」が内容的にも人気が集中するのは納得だけど、僕はデビュー盤が持つ危なっかしさのほうがお気に入りかな。
最初の一音が鳴った瞬間に部屋の空気をがらりと変えてしまう音の姿はどちらの作品にも共通して言えることで、つまるところ個々の表現力がずば抜けて優秀なのだ。そのなかでも正気と狂気の境界線で揺れ動くコリン・ゴールドリングの歌はひときわ素晴らしい。“ニドロローグ”と発音するらしいバンド名はそのコリンとスチュアートのファミリー・ネームであるゴールドリング(Goldring)のアナグラムと言われています。

やっぱり4曲目の"Time And Space"だよねぇ。これに尽きると言い切るのはどうかとしても、あの日、深夜のラジオから流れてきたときの衝撃ったら忘れない(笑)。美しいリコーダーの音色から静謐さに潜む暴力性が徐々にむき出しになっていく出色の流れは、壮絶なエンディングを迎える名曲。フルート(リコーダー?)が醸す狂気はきっとこれからも英国ロック・ファンの心を刺激するに違いない。
識者の言葉をお借りすると、「管楽器をフィーチュアした初期KING CRIMSON型のジャズ・ロック」ということだけど、独特の空間のなかで呼吸する作品であり、傑作ですね。個人的にも大好き。

GNIDROLOG - 「IN SPITE OF HARRY'S TOE-NAIL 」
(1972)
1. Long Live Man Dead: (9:44)
 a)Long Live Man Dead
 b)Skull
2. Peter (3:28)
3. Snails (7:15)
4. Time And Space (7:34)
5. Who Spoke (2:23)
6. In Spite Of Harry's Toe-nail: (9:27)
 a)Goodbye - Farewell - Adieu
 b)Harry's Toe-nail

produced by John "walking to back to happiness" Schroeder

Colin Goldring - lead vocals, guitars, recorders, tenor sax, horn, harmonica
Stewart Goldring - lead guitar, vocals
Peter Cowling - bass, cello
Nigel Pegrum - percussion, flute, oboe, piano

タグ:'70s プログレ
posted by rattlehead at 13:00| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(1) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/193396659

この記事へのトラックバック

Gnidrolog - In Spite Of Harry's Toe-Nail
Excerpt:  フルートという楽器は時には凶暴にもあり、もちろん俗世では優しく憂いのある笛の一種なのだが、前者の凶暴性ってのはロックの世界でしか使えないだろうな。もちろん両面とも使えるので実は幅広い音色の楽器.....
Weblog: ロック好きの行き着く先は…
Tracked: 2011-04-03 08:50
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。